イルミナ-P(SH2FGIM-P)

イルミナ-P(SH2FGIM-P)
3Mのグラデーションフィルム イルミナのプラスチック基材用イルミナ-Pです。もともとイルミナ(SH2FGIM)しかなかったのですが、その後プラスチック用のイルミナ-P(SH2FGIM-P)と外貼り用のイルミナα(SH4FGIMX)が発売されました。プラスチック用は一度貼ってくっついてしまうと剥がすことができませんので、一発勝負です。失敗は許されないので充分に掃除をしてから貼り付けます。

プラスチック用フィルムは剥がすことができませんのでフィルムがダメになったらプラスチック板ごと交換する必要があります。

無断使用禁止

アクリル板にSH2CL-P・大和SH2PTYA施工

SH2CL-P・大和SH2PTYA施工
3mm厚の透明アクリル板に、下地にSH2CL-P(プラスチック基材用透明フィルム)を貼り、和紙柄のフィルム大和SH2PTYAを重ね貼りしてあります。作業工程の写真は撮り忘れました(ノ∇≦)

ちなみにプラスチック用のSH2CL-Pは貼りづらいのですが、更にフィルムの上に重ね貼りするのも貼りづらいので大変です。
プラスチック基材にフィルムを貼る度に、ガラスにフィルムを貼るのは楽だな~と思います。

過去にも書きましたが、プラスチック基材にガラス用フィルムは施工できません。プラスチックに貼れるのはプラスチック用フィルムまたは下地にSH2CL-P(プラスチック基材用透明フィルム)を貼ってからガラス用フィルムを重ね貼りする必要があります。プラスチックに一度貼るとガラスと違い剥がすことができませんし、更に保証は一切ありません。

無断使用禁止

3M オスロ-P(SH2EMOS-P)プラスチック基材用

施工例 オスロ-P(SH2EMOS-P)3M製品
茶色のアクリル板にオスロ-P施工
お客様から茶色のアクリル板にタペ調のシートを貼りたいということなので、3Mのオスロ-Pが施工してあります。これはアクリル板が取り外し可能で交換も容易です。あとプラスチック基材へのフィルム施工は、すごく難しいです。ガラスに貼るのが簡単に感じます。とにかくすぐにくっついてしまいます。その為、空気や水抜きがしにくいのです。フィルム貼り初心者は絶対に失敗するでしょうからやめた方がいいです。

無断使用禁止


ガラス用フィルムはガラス以外に施工できません。

ガラス用フィルムはガラス以外に施工できません。

ガラス用フィルムはガラス専用の粘着剤が使用されています。ですからポリカーボネート板やアクリル板等のプラスチック基材には使用できません。

ではガラス用フィルムがプラスチックにつかないのか?答えはくっつきます。
ではなぜ施工できないのか?一つは充分な接着力がない為です。ガラスと違いプラスチックは温度の変化でかなり伸縮します。強い接着力がないと温度の変化で伸縮したことが原因で剥がれてくる可能性が考えられます。

二つ目はアウトガスです。プラスチック基材には微量の未反応物質や水分が内部に残留していて、時間の経過とともに気体(アウトガス)となって出てきてしまうことがあります。これが原因でガラス用フィルムでは気泡等の剥がれが発生することがあるのです。

プラスチック基材用フィルムはより強力な粘着剤やアウトガス発生を抑制するような粘着層が使用されています。
3Mからは
SH2CL-P(透明フィルム)
SH2FGIM-P イルミナ-P(グラデーションフィルム)
SH2EMOS-P オスロ-P(タペ調・フロスト調)
があり、プラスチック板にSH2CL-P(透明フィルム)を下地に貼れば、他のガラス用フィルムを重ね貼りすることができます

でも注意することが2つあります。
保証がないこと(不具合が発生してら諦めてください)
剥離できないこと(剥がせません)


強力な粘着剤が使用されていても、使用環境によっては剥がれ等の不具合が発生することも稀にありますので、基本的に使い捨て用と思ってください。高価なプラスチック製品への貼付けはおすすめできません。


それにしても普通の人は安易にガラスに貼れるならプラスチックにも貼れると思ってしまうようですね。現場に行ったらガラスではなくプラスチックで中止になったり、ガラス用フィルムをプラスチックに貼るための見積ください等よくあります。説明書を読んでと言いたいですが・・・普通、読まないですね。仕方ないですが買ったフィルムが無駄になった時は悲しい気分になります。(他の現場で使えますけどね)



特定商取引法に基づく表記

屋号 HMO(エイチエムオー)
所在地 〒206-0822 東京都稲城市坂浜440-5 KEビルII 1F
定休日 不定休 予告なくお休みさせていただく場合がございます。
電話番号
現場作業中は、電話をとれない場合がございます。
お手数ですが、お問い合わせフォームまたはEメールで、お願いいたします

042-350-3398


FAX 042-350-3399
ホームページアドレス http://www.housemate-online.jp
E-mail メール スパム対策で画像になっています
店舗運営責任者 早川 正高(1級ガラス用フィルム施工技能士)
お支払い方法 銀行振込(振込手数料はお客様負担となります)・商品代引き(代引き手数料は一律540円)
梱包・送料 ゆうパック準備中
商品引渡し時期 銀行振込 在庫のある商品は入金確認後3営業日以内に発送
代金引換 在庫のある商品はご注文確認後3営業日以内に発送
土日祝日は発送できません
在庫切れの場合、輸入品のため入荷まで,かなりのお時間をいただく場合がございます
販売条件等 海外発送はしておりません
返品の条件 返品は未開封・未使用の物のみ。
到着後一週間以内にメールで連絡いただいた物のみ、お受けいたします。

返品の送料について初期不良の場合は当店、それ以外のお客様の都合による返品につきましてはお客様にてご負担いただきます。

ご注文確定後のキャンセル及び返品は、他に正当な理由がない限りお受けできません。

返品・交換の際の送付先
〒206-0822 東京都稲城市坂浜440-5 KEビルII 1F
TEL:042-350-3398
代金返却について 指定の銀行口座に返品商品代金をお振込みいたします。
(振込手数料はお客様負担となります)
窓用フィルム施工店HMO
カテゴリ
〒206-0822
東京都稲城市坂浜440-5
KEビルII 1F
店舗運営責任者 早川 正高
1級ガラス用フィルム施工技能士
お問い合わせ
広告
楽天市場
検索フォーム
twitter
リンク