クレンザーについて

 お掃除で頑固な汚れや、落ちにくい汚れにクレンザーを使用する人が多いのではないでしょうか。クレンザーは研磨剤が入った洗剤です。そのため、気をつけなければならないのが素材を傷つけてしまうことです。

研磨剤の力でこすり落とすクレンザーにも種類があり、粒子が細かくやさしく磨けて素材が傷つきにくい物、粒子が粗く削る力が強い代わりに、素材が傷つきやすい物がありますから、汚れや素材に合わせて選んでください。

洗剤は汚れを分解したり、浮き上がらせたりすることで、汚れを落としますが、中には洗剤に反応しない汚れもあり、そんな汚れを落とすのにクレンザーは適しています。クレンザーはウロコ状の水垢汚れを落とすのも得意です。ただしひどい水垢はクレンザーでも、落ちないことがあります。

洗剤自体は強くないのでいろんな物に使用できますが、素材をクレンザーで強くこすったことで傷つくこともありまから、初めて使うときは目立たない場所で試してから使用してください。

ガラスや鏡の清掃で使う時に、気をつけたいのがコーティング。普通のガラスや鏡なら問題ないのですが、鏡なら曇り止めコーティング、窓ガラスなら熱線反射ガラスや光触媒セルフクリーニングガラスは傷つく恐れがありますから、クレンザーは絶対に使わないで下さい。


中性洗剤について

洗剤の液性は、大きく分けるとアルカリ性・中性・酸性の3つ、0〜14までの数値で表されます。pHの数値が6以上8以下が中性になります。

14   ~ 8 ~ 6 ~   0
アルカリ性 中性 酸性

アルカリ性洗剤は油汚れ、酸性は水垢汚れに効果的ですが、中間にあたる中性洗剤は、洗浄力が弱い代わりに素材を傷めず安全に使用することができる洗剤です。

中性洗剤に含まれている界面活性剤は、混じり合うことのない水と油を混ぜ合わせる働きがあります。これにより油などの汚れを浮かせて洗い流す事ができます。

ですが、最近の中性洗剤は界面活性剤の量が少なくなっています。昔は窓ガラス清掃やフィルム施工に使う中性洗剤は界面活性剤40%以上のものを使うのが良いと言われていたんですが、今はもうない・・・(T_T)

コスト的な問題なのか、環境的な問題なのかわかりませんが、愛用の洗剤がなくなってしまって残念です。


塩素系洗剤について

塩素系洗剤の特徴は、汚れを分解して殺菌することです。
ですからカビ取りや除菌に効果的な洗剤です。

ただし酸性洗剤や、食酢、アルコール等と混ざった場合、塩素ガスが発生する危険があるので使用する際は十分に注意して下さい。

窓ガラスは冬期結露でカビが発生しやすい場所。
ひどいカビは中性洗剤で洗って取れたとしても菌が生きてると再びカビが発生してしまうので、殺菌した方がいい。私は塩素系洗剤(カビ殺しなアレ)を使います。理由はどこでも買えて安から。塩素系洗剤はアルカリ性なので、使用した場合よく水洗いして、念の為拭き上げた方が良いです。
あと臭いがキツイので使うなら換気すること。

ちょっとしたカビなら、掃除してアルコールで軽く拭く程度にします。
(・Д・)ノ 何度も言いますが混ぜないように!

粘着層のカビ
それでも凹凸用フィルムだと粘着層がカビてくることが・・・。
(写真は事務所のガラスとフィルムです)

(つ_- )凹凸用フィルムは結露の水を吸い上げやすいから仕方ないですけどね
凹凸フィルムはエッジをコーキングしたほうがいいかもね。

酸性洗剤について

酸性洗剤
pH3未満は酸性洗剤
pH3以上6未満が弱酸性洗剤

酸性洗剤で効果的に落とせる汚れは水周りにつく水垢です。
それ以外では石鹸カスやトイレの尿石等、水周りの汚れを落とすのに使われます。

水垢等の汚れはアルカリ性の性質をもつミネラルが固まってできるので、酸性洗剤で中和することでやわらかくなり、簡単に落とせるようになります。水周りを酢で洗うと綺麗になるのは酢が酸性だからです。

水垢は石のように固いので、酸性洗剤を使わないと落とすのが大変ですが、酸性洗剤は物を溶かす性質をもっているので使用には十分に注意が必要です。窓ガラスの水垢(鱗状痕や白やけ)を取るための酸性洗剤もありますが、汚れと一緒にガラスを溶かしたことで洗剤焼け(酸焼け)してしまうこともありますから安易に使わないようにして下さい。

窓ガラスや、フィルムは綺麗に長く使うには定期的な清掃をして、綺麗な状態を保つのが大切です。汚れてきたら掃除するではなく、定期的に掃除することをお勧めします。

(。-`ω´-) 汚れたなと思った頃には手遅れ、なんてことはよくありますからね

※酸性洗剤は塩素系洗剤と混ざると有毒な塩素ガスが発生して危険です。扱いには十分に注意してください。

アルカリ性洗剤について

一般的にお掃除で使用する洗剤は

アルカリ性洗剤
酸性洗剤
中性洗剤
塩素系洗剤(塩素系もアルカリ性ですが別記事にします)
クレンザー(研磨材を含んだ洗剤)

あたりかな?

どんな洗剤なのかを知っておくと、清掃が効率的にできるので、今回はアルカリ性洗剤についての記事です。アルカリ性洗剤は、その名の通り、アルカリ性の性質をもった洗剤で、油と混ざり合うので、ガンコな油汚れを落とすのに効果的な洗剤です。

pH値8~11が弱アルカリ性洗剤、pH値11~14がアルカリ性洗剤となります。

便利で強い洗浄力のアルカリ性洗剤ですが、気をつけなければならないのが使用することができない材質あること。

身近な物だとガラスやアルミがアルカリ性に弱い材質です。ガラス表面にアルカリ性成分が残ると白く濁ったような洗剤焼けが残ことがあります。洗剤焼けしたガラスは通常の清掃では取ることはできないので注意してください。

(・Д・)ノ早い話が窓ガラスの清掃にアルカリ性洗剤使うなってことです

特定商取引法に基づく表記

屋号 HMO(エイチエムオー)
所在地 〒206-0822 東京都稲城市坂浜440-5 KEビルII 1F
定休日 不定休 予告なくお休みさせていただく場合がございます。
電話番号
現場作業中は、電話をとれない場合がございます。
お手数ですが、お問い合わせフォームまたはEメールで、お願いいたします

042-350-3398


FAX 042-350-3399
ホームページアドレス https://www.housemate-online.jp
E-mail メール スパム対策で画像になっています
店舗運営責任者 早川 正高(1級ガラス用フィルム施工技能士)
お支払い方法 銀行振込(振込手数料はお客様負担となります)・商品代引き(代引き手数料は一律540円)
梱包・送料 ゆうパック準備中
商品引渡し時期 銀行振込 在庫のある商品は入金確認後3営業日以内に発送
代金引換 在庫のある商品はご注文確認後3営業日以内に発送
土日祝日は発送できません
在庫切れの場合、輸入品のため入荷まで,かなりのお時間をいただく場合がございます
販売条件等 海外発送はしておりません
返品の条件 返品は未開封・未使用の物のみ。
到着後一週間以内にメールで連絡いただいた物のみ、お受けいたします。

返品の送料について初期不良の場合は当店、それ以外のお客様の都合による返品につきましてはお客様にてご負担いただきます。

ご注文確定後のキャンセル及び返品は、他に正当な理由がない限りお受けできません。

返品・交換の際の送付先
〒206-0822 東京都稲城市坂浜440-5 KEビルII 1F
TEL:042-350-3398
代金返却について 指定の銀行口座に返品商品代金をお振込みいたします。
(振込手数料はお客様負担となります)
窓用フィルム施工店HMO
出店しています
ガラスフィルム施工道具
カテゴリ
〒206-0822
東京都稲城市坂浜440-5
KEビルII 1F
店舗運営責任者 早川 正高
1級ガラス用フィルム施工技能士
お問い合わせ
広告
楽天市場
twitter
リンク
検索フォーム