住友大阪セメント レイバリヤ

事務所を片付けていたら、懐かしい資料が出てきました。住友大阪セメント レイバリヤです。

住友大阪セメント レイバリヤ資料
レイバリヤのTFK-5080Aはスリーエムのピュアリフレと同程度の性能で安価なフィルムだったのですが、生産販売が終了してしまいました。ちょっとハードコートの滑りが悪く、キュッキュ音がしてスキージングしにくかったですが、施工性はそこそこ、特に不具合などもなく、良いフィルムだったので残念です。

惜しいフィルムを亡くしました(ノ_<)

アンバー35(RE35AMAR)

アンバー35の施工
3M アンバー35(RE35AMAR)施工
スリーエムのアンバー35には冬の断熱機能がないアンバー35(RE35AMAR)と冬の断熱機能があるアンバー35LE(LE35AMAR)があります。今回は熱割れしやすい網入りガラスへの施工なので、熱吸収が低いアンバー35(RE35AMAR)の方を施工します。熱割れ計算ではLEでも大丈夫だったのですが、お客様は眩しさと、日差しの暑さの低減が目的なので、熱割れリスクが低下するREをおすすめしています。写真は左上のガラスにアンバー35を貼り付けてあります。

アンバー35 クリアランス
今回クリアランス(隙間)は1mm前後。ゴムガスケットやシリコンコーティングの状態や冬期結露がひどい場合はに2~3mm隙間をあけることもあります。(フィルムエッジ部分から水が吸い上げ剥がれてくるのを防ぐため)

ハーフミラーフィルム アンバー35
写真ではわかりにくいですが、アンバー35はハーフミラーフィルムです。アンバー(琥珀色)という名前ですが、どちらかと言えば薄い金色ぽっい色をしています。数字の35は可視光線透過率のおおよその数値だと思って下さい。ちなみにLEはLow-Eの略らしい。

アンバー35LEについて詳しくは当店HPをご確認下さい。
http://www.housemate-online.jp/uvcutfilm/le35amar.html

すみません m(_ _)m アンバー35(RE35AMAR)のページは作っていないので、簡単に説明すると熱貫流率が5.3でフィルム幅が1,524mmの1種類です。それ以外は、大きな違いはないです。

無断使用禁止

マルチレイヤーNano90S施工

マルチレイヤーナノ90S
(写真は使い回しです)

プラウドシティ宮崎台。このマンションもFixの複層ガラスがあるのでナノ80S等は貼れません。紫外線カットと飛散防止のSH2CLAR又は、紫外線カットと飛散防止+赤外線43%カットのマルチレイヤーNano90Sをご検討ください。(マンションオプションも、この2種類だったみたいです)

マルチレイヤーNano90Sについて詳しくは当店HPをご確認下さい。
http://www.housemate-online.jp/uvcutfilm/nano90s.html
ご注文お待ちしております。

無断使用禁止

RE80CLIS ピュアリフレ(続)

ピュアリフレ比較
ピュアリフレは透明タイプの遮熱フィルムですが、透明と言っても少し色がついています。写真で見るとハッキリと色の違いがわかりますが、実際にはここまで違って見えません。

窓ガラスに、色がつくのは嫌だという人は多いですが、実際には可視光線透過率が50%以上あれば、ガラス全面に貼ってしまうと、意外と気になりません。環境によっては色が付いていた方が眩しさを軽減できて丁度良くなったりもします。

ピュアリフレやナノ80Sのように、可視光線透過率が80%の製品では眩しさを軽減にはなりません。
よく可視光線透過率80%だと20%も暗くなると思う人がいますが、フィルムの可視光線透過率は厚さ3mmのガラスに貼り付けての数値です。3mm厚のガラスは可視光線透過率90%なので、ガラスのみと比較すると10%低下するだけです。


無断使用禁止

RE80CLIS ピュアリフレ

ピュアリフレ40インチ幅
3Mのピュアリフレ。私が初めて使ったのは13~14年くらい前だったでしょうか。その時は貼りにくいフィルムだなと思ったものです。現在は貼りやすいフィルムになってます。ちょっとハードコートの滑りが悪いのが気になりますけどね(^ ^)
昔と違ってこのピュアリフレやナノ80Sは、複層ガラスのはめ殺し窓(Fix)で、クロス又はシャープシャドーでは貼れない事が多いです。熱割れ計算をすると真っ赤になります。マンションで、複層ガラスのはめ殺し窓がある場合、ナノ90Sをご検討ください。

無断使用禁止


窓用フィルム施工店HMO
〒206-0822
東京都稲城市坂浜440-5
KEビルII 1F
店舗運営責任者 早川 正高
1級ガラス用フィルム施工技能士
お問い合わせ・お見積
広告
楽天市場
リンク
twitter
カテゴリ