Low-E複層ガラスについて

Low-E複層ガラス
Low-E複層ガラス(サンバランス・空気層8mm・網入りガラス)
写真のLow-E複層ガラスは2012年のものでガラスの刻印2022/08は保証期間
一番下の()内のSBU3は私にもわからないのですがサンバランス記号なのかな?(屋外側Low-Eガラス)、A8は空気層8mm、PHWはヒシワイヤー透明ガラス(室内側)、です。刻印にガラスの詳細が記していないこともあります。
Low-EはLow Emissivity(低放射)の略でガラス表面に特殊な金属膜を施した遮熱ガラスです。
このガラスは透明飛散防止フィルムや防犯フィルム、遮熱フィルムで貼れるのは3Mのナノ90Sくらいです。

室内側が網入りガラスや型ガラスの場合は、外側のガラスがLow-Eガラスです。
逆に外側に網入りガラス・型ガラスの場合は、室内側がLow-Eガラスになります。

外側に型ガラス・内側にLow-Eガラス
外が型ガラス、内がLow-Eガラス。設置環境にもよりますが網入りガラスより貼れるフィルムは多いです。

外側にヒシワイヤーガラス・内側にLow-Eガラス
外が網入りガラス、内がLow-Eガラス。このガラスも透明飛散防止フィルムや防犯フィルム、遮熱フィルムで貼れるのは3Mのナノ90Sくらいです。

フロートガラスが使用されている場合は見ただけでは判断できない事が多いです。
内側にあることもありますが、遮熱性能を高めるため外側がLow-Eガラスであることが多いかな?


窓用フィルム施工の目安
複層ガラスフィルム施工目安表

※表はフィルム施工の目安です。施工前に熱割れ計算を行ってください。


無断使用禁止

後日更新予定です。

コメントの投稿

非公開コメント

窓用フィルム施工店HMO
〒206-0822
東京都稲城市坂浜440-5
KEビルII 1F
店舗運営責任者 早川 正高
1級ガラス用フィルム施工技能士
お問い合わせ・お見積
広告
リンク
twitter
カテゴリ
楽天市場
Amazon