無窓階と判定になる場合

フィルムを貼ることで、無窓階となる場合、消防用設備の設置義務が変わります。火災による被害を防ぐため、部屋の広さや用途によって、下記の設置義務がより厳格になるそうです。

スプリンクラー設備
排煙設備
消火器具
屋内消火栓設備
自動火災報知設備
非常警報設備
誘導灯
避難器具等


コメントの投稿

非公開コメント

窓用フィルム施工店HMO
〒206-0822
東京都稲城市坂浜440-5
KEビルII 1F
店舗運営責任者 早川 正高
1級ガラス用フィルム施工技能士
お問い合わせ
広告
楽天市場
リンク
twitter
カテゴリ